スキンケア医療をしよう

女医

クリニックの治療で治せる

高度なスキンケア医療で肌トラブルやシミやたるみを解決してくれるクリニックが美容皮膚科です。自己流スキンケアや市販品では治らないニキビ跡や肉割れなどのトラブルも、美容皮膚科クリニックで解決できます。美容皮膚科クリニックを選ぶときのポイントはいくつかあります。まず自分が受けたいスキンケア医療がある場合、それを導入しているクリニックであることが大切です。ニキビ跡や肉割れなどの場合はレーザー治療、たるみの場合は高周波治療など、様々な種類があります。そして治療ができるマシンの種類やバージョンもクリニックによってそれぞれ違います。レーザー治療一つとっても、レーザーには何十種類もあります。それぞれのレーザーの特徴・肌への効果やダウンタイムなどについて、ネットで調べて知っておくことが大切です。スキンケア医療には一回で終わるタイプと、継続することで効果が出るタイプがあります。たとえばシミ取りやほくろ取りのレーザー治療は一回で終わります。しかし、頑固なニキビ跡や肉割れなどのレーザー治療の場合、何カ月も通院するのが一般的です。その場合、途中で面倒にならないように、「アクセスしやすい場所」にあるクリニックを選ぶのがポイントです。美容皮膚科で採用しているレーザーは、あらゆる肌トラブルに対して効果があるスキンケア医療です。レーザーには肌細胞を破壊して真皮層のコラーゲンを増やし、肌を再生する効果があります。でこぼこになったニキビ跡のクレーターも、肌内部のコラーゲンが増えることで、自然にフラットになります。また、コラーゲンといえばアンチエイジングにも欠かせない成分です。30代40代になると、どんどんコラーゲンが減少して肌が乾燥しやすくなり、しわ・たるみが発生します。そうした肌老化に対しても、美容皮膚科のレーザー治療が効果的です。レーザーを照射してコラーゲンを積極的に増やすことで、肌の深層部から若返っていき、しわが伸びて肌にハリが出て、ふっくらと潤います。レーザー治療はほとんどダウンタイムがないのも魅力です。照射した部分は、人によっては赤くなったりかさぶたになったりします。しかし、それは数週間程度で治まり、一か月もすればごく自然になります。お化粧などはレーザーを照射した翌日からできます。洗顔やクレンジングも可能です。特にレーザーを照射すると乾燥しやすいので、保湿重視のスキンケアを心がけることが大切です。また、レーザー治療をしているときに紫外線を浴びると肌トラブルが悪化するので、紫外線対策も重要です。

Copyright© 2018 美容皮膚科が行なっている施術内容【コンプレックス解消ができる】 All Rights Reserved.