注射だけで小顔に|美容皮膚科が行なっている施術内容【コンプレックスを打破しよう】

注射だけで小顔に

顔に触れる女性

脂肪溶解注射の効果

美容皮膚科で注目されている治療法に、脂肪溶解注射があります。通称BNLSと呼ばれる植物から抽出した成分を主成分として、顔の輪郭形成の為の新しい脂肪溶解注射です。これまでの脂肪溶解注射は効果が出るまでに2〜3週間ほどかかっていましたが、この注射ですとわずか3日間程度で変化を実感することができます。この注射は脂肪分解作用と肌の引き締め作用、リンパ循環作用によって効果を発揮してくれます。小顔になりたいけれど、メスは使用したくないという女性やダイエットをしても顔だけは痩せることができないと悩んでいる女性におすすめの治療法です。特に脂肪が落ちにくい頬部分や乳顎に効果を発揮してくれるでしょう。また、この注射は脇腹や下腹、太ももなどにも使用することができます。主成分が植物由来のものですので、体への負担がほとんどなく、腫れたり熱っぽく感じたりするなどのダウンタイムが短いのが特徴です。そして1週間の間隔で治療をすることができるので、間隔を開けずに治療をするメリットもあります。1回の施術でも効果が期待できるのですが、場合によっては2、3回必要となることもあるようです。そして、注射の痛みはほとんどありません。あざなどにもなりにくく、腫れることもないので日常生活にすぐ戻ることもメリットと言えるでしょう。気になる方は美容皮膚科で相談してみてください。美容皮膚科と聞くとどんなイメージを持っているでしょうか。皮膚科とどのように違うのか知らないという人も少なくありません。美容皮膚科というのは、エステサロンのような場所と勘違いしている方が多いのですが、あくまでも治療をメインとして行っている場所です。医学的な根拠に基づいて臨床皮膚科学に美容分野を融合させた治療をメインとしている病院のことを言います。通常の皮膚科では、皮膚に関する医学的な根拠に基づいた治療を行っていますが、美容面までを意識しているものではありません。その為、症状の治療を行いながらも美容面でもプラスにすることができることから、こちらを選択する人増がえています。美容皮膚科では医学的な根拠が確立された治療を行っているので安心感が違います。エステサロンのように独自の施術を展開している場所と違うのは、医学的にしっかりしているかどうかです。副作用などの説明もしっかりしてくれますし、医学的な説明も行ってくれますので、信頼感が違います。皮膚科での治療はその症状が改善されればそれで終わりでしたが、痕が残ってしまうような場合には何もできません。しかし、美容皮膚科ではアフターフォローまでを行ってくれるというメリットがあります。ただ一つ難点があるとすれば、美容皮膚科は自費診療で行うことが多い為、医療費が高額になることも珍しくありません。事前にどれぐらいかかるのかを確認しておくようにしましょう。

Copyright© 2018 美容皮膚科が行なっている施術内容【コンプレックスを打破しよう】 All Rights Reserved.