キレイ肌を目指せる治療|美容皮膚科が行なっている施術内容【コンプレックスを打破しよう】

キレイ肌を目指せる治療

カウンセリング

治療法も様々に提案される

保険診療適応の治療法には限りがあり、レーザーや美容目的の処方薬などは保険が適用されないことがほとんどです。美容皮膚科では、保険診療ではできない最新治療や各種美容機器、これらを組み合わせることにより、肌の悩み、体や顔のパーツの悩みに応えています。美容皮膚科で使っている各種機器は、患者の肌の状態に合わせて、最大限の効果を生み出すように作られています。加えて照射パワーや出力レベル、照射時間などを微調整し、痛みやダウンタイムも少ないのが特徴です。相談に訪れる患者の悩み別に、今では様々な治療法が提案されています。例えば、美白やくすみの悩みは、一般皮膚科では相談できないものの、美容整形専門のクリニックでは、美容鍼やレーザー機も使われています。もちろん、機器による治療のみならず、ピーリングや注射での注入、さらにはホームケアなどに用いられる薬剤なども用意されています。整形外科や形成外科、美容内科の知識と技術を持っているのも、美容専門クリニックの特徴で、治療には機器や薬剤が巧みに使い分けられています。一般的に、美容皮膚科で行われる治療は、生活に支障をきたしているわけではなく、シミのない肌、ニキビを繰り返さない肌など、キレイを目指すための治療法が提案されています。美容皮膚科では、ニキビやニキビ跡には、美容機器やメスを使わない安全性の高い治療も行います。酸化したニキビに雑菌がつき、炎症を起こしている赤ニキビ、この段階で皮膚科医に相談に訪れる患者が比較的に多く、そのような時にはケミカルピーリングが効果的です。サリチル酸を塗って肌を殺菌するのですが、一般的なニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消します。過剰な皮脂の分泌が詰まりの原因なので、排出されやすくなり、ニキビのできにくい肌、小さなオウトツのある肌をキレイにします。一般的に、皮膚にヒリヒリした痛みや赤みが現れることもあるピーリングですが、こうした問題を解決するのが美容皮膚科での治療です。薬剤も、独自開発や改良を行うことができ、もとから治療効果の高いサリチル酸の改良版も提案されています。ヒリヒリとした痛みや赤み、毛穴の黒ずみなど、様々な肌トラブルを解消できる上に、安全性も高く、ダウンタイムも不要です。また、併用することで更なる効果を期待できるのが、高周波温熱トリートメントによる治療法です。皮膚細胞を活性化させ、従来よりも代謝サイクルを早めることで、一皮剥けた肌が現れます。ピーリング後ではなく、その前に行うこともあり、薬剤の浸透を促して、固くなっている角質層を溶かし、美肌効果を得られます。

Copyright© 2018 美容皮膚科が行なっている施術内容【コンプレックスを打破しよう】 All Rights Reserved.